お会計

飲食POSレジの導入で業務効率化が期待できます

飲食店にて飲食POSレジを導入するメリットは、業務の効率化が期待できます。
飲食POSレジは会計時にネットワークで接続されたシステムにリアルタイムに販売情報が自動で記録されるので、経理作業がなくなります。さらに最近の飲食POSレジによってはこれまでの販売情報を基に販売状況なども予測分析されているので、人材の配置も予測分析に合わせて配置できるなど業務負担が抑えられます。また、販売情報にはポイントカードなども会計時利用されてた場合に年齢や性別、これまでの購入履歴も蓄積・分析もされているので、販売動向なども把握できます。この情報から新商品開発などにも役に立つとして注目されています。
そして、飲食POSレジを導入する際には多機能なものを選びましょう。その理由とは、飲食店では店内食事では10パーセントの消費税が適用されますが、持ち帰りの場合には消費税が8パーセントになり、それぞれの切り替えができるPOSレジが必要となり、今後もさらに適用される消費税の変更が考えられます。さらに政府が電子マネーやQR決済などキャッシュレス化を進めているため、読取機器との接続の互換性が高いものを選ぶことで、将来の設備投資を抑えられます。

店舗間のパフォーマンスの差を埋めるため飲食POSレジが役に立つ

喫茶店やレストランなどの飲食店を複数店舗経営する場合、お店をどこに作るかについては、物件賃料、住環境、見込み顧客の属性等、様々な点を考慮します。人が全く来ない場所にお店を作っ…

効率化で業務負荷を軽減できる飲食POSレジを導入しよう

飲食店はどこも忙しいものですが、特にベテランスタッフには何かと責任が集中しがちです。ベテランということは、現場仕事、裏方仕事の全てに精通しているために、店舗の業務だけではなく…

ネットワークを利用する飲食POSレジなら会計レジも複数設置可能!

客席規模が大きい、フロアが複数階に分かれているという飲食店において悩ましいのが会計レジです。混雑時にはレジ待ちになる、レジが1か所しかなく離れた場所までお客さんが移動する必要…

飲食POSレジの導入で業務効率化が期待できます

飲食店にて飲食POSレジを導入するメリットは、業務の効率化が期待できます。飲食POSレジは会計時にネットワークで接続されたシステムにリアルタイムに販売情報が自動で記録…